橘省吾教授がプレスリリース

 

巨大原始星の周りにアルミニウムを含む分子を発見—惑星材料の起源の理解へ

 

オリオン大星雲の中の巨大原始星「オリオンKL電波源I」から回転しながら吹き出すガスの流れ(アウトフロー)の根元付近に一酸化アルミニウム分子が存在することを、アルマ望遠鏡の観測データから明らかにしました。一酸化アルミニウム分子は年老いた恒星から吹き出すガスにしか観測されていませんでした。

https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/6369/

 

 

橘省吾教授がプレスリリース はコメントを受け付けていません。 UTOPS-News

Read more

吉岡和夫講師が平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞

吉岡 和夫講師が平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました!

業績名:極端紫外分光による木星内部磁気圏の観測的研究

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/04/__icsFiles/afieldfile/2019/04/09/1415044_2.pdf

 

 

 

 

 

吉岡和夫講師が平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞 はコメントを受け付けていません。 UTOPS-News

Read more